あるある大事典2 デトックス

知ってますか?デトックス

8月7日(日)の発掘!あるある大事典2の放映は「毒抜きで体質改善」。
カラダの中に有害ミネラル(毒)が溜まっていると運動やダイエットを試みても、疲れやすかったり、効果が出にくかったりするそうです 。
美容や健康への努力をムダにしない「毒抜き(デトックス)」の紹介!

最近テレビや雑誌でも、ちらほら見かけるようになった「デトックス」。
デトックスとは「解毒」の意味で、体内に蓄積された有害毒素(老廃物等)を排出し、体の中からキレイにし健康維持につなげていくことを目的としています。

肌や身体の中の老廃物など有害な物質を排出して大掃除するということなんです。
サプリメントが人気ですが、すでに有害な物質がたまっていて吸収の悪い体に何かを足すよりも一度スッキリきれいに大掃除して吸収をよくしたところで足していく方が効率的だし効果もあがるというもの。
いま、病気ではないけども肩こりや頭痛、イライラ感などなんらかの体調不良(不定愁訴)を感じていてサプリメントを飲んでいるという方、一度とことんデトックスにチャレンジしてみませんか?
体内に蓄積している毒素は一概にはいえませんが、プルシアのアプローチは大腸に存在する100兆個という途方もない数の細菌が対象です。基本的に腸のなかで善玉菌を増やして悪玉菌を減らしていこうという考え方です。

毒素がたまると損だらけ!?

人間は身体にとって不必要な有害ミネラル(カドミウム、水銀、鉛など)を排出する能力がありますが、排出機能が衰えると体内に溜まりがちに。そうすると次のような損をしてしまいます。

  • ダイエットしても痩せにくい
  • 毒素が溜まると脂肪分解酵素リパーゼの働きが低下し、脂肪を燃焼させる効率が悪くなって痩せにくい体に。

  • 疲れやすい
  • 疲労物質である乳酸を分解する酵素の働きが低下し、疲れが取れない体に。

  • 吸収が悪い
  • 栄養素を分解する酵素の働きが低下し、サプリメントなどを摂っても体に吸収されず、肌あれなどの原因に。

毒素が体に溜まってしまう3つの原因

  • 血液やリンパの流れが悪く「毒を運ぶ力」が低下
  • 腎臓や肝臓の「毒をろ過する力」が低下
  • 尿や便、汗で「毒を体外に排出する力」が低下

このうちどれか1つでも機能低下すると毒が溜まりやすい体に。1日中冷房の効いた部屋にいて汗をかかない、お酒を毎日飲む、水分をあまり摂らない、といった人は要注意。

体にプラスのサプリメントを補給する前に、まずは体をキレイに。
エステやマッサージサロンでも話題のこのキーワード。
ぜひみなさんチェックしてみてください。

デトックス商品案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA