自動車任意保険

自動車保険

自動車購入の際に税金のほかに自賠責保険への加入が義務となりますが、自賠責保険のほかに任意保険があります。まずは、その辺について…。

自動車任意保険

自動車保有者等が任意に自動車にかけておくもので、契約しなくてもよく、契約金額も任意に決められますが、自賠責保険で損害が十分補償されないことが多く、それを補うためには加入していることが多いです。
自賠責保険が人身事故のみを対象にしているのに対し、自動車任意保険は契約内容によって様々な事故などに対応できます。
自動車任意保険で対応できるものとして、対人保障保険、対物賠償保険、車両保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、最近では人身傷害補償保険があります。

自動車任意保険の種類

対人保障保険

自賠責の不足分をカバーしてくれるのが対人保険。自賠責保険の不足分を支払うための保険となりますので、通称「上澄み保険」ともいわれています。支払い対象はあくまでも“他人”です。
死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合、自賠責保険の限度額をはるかに超える億単位の賠償額になることも珍しくありません。
対人保険は自動車保険の中でもっとも重要な保険だといっても過言ではありません。万一のために、できるだけ「無制限」でかけることをおすすめします。

対物賠償保険

対物保険はモノの損害から休業損害までカバーできます。ただし、自分のモノを壊しても対物保険金はおりません。
対物賠償保険とは、交通事故を起こして、他人のクルマやモノなどの財物に、破損、汚損、滅失などの損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。
また、対物事故の場合、損害賠償請求されるのはクルマやモノの修理代だけではありません。事故によって生じた間接的な損害、つまり休業損害や営業損失なども損害として積算されます。

車両保険

車両保険は自分のクルマのための保険です。交通事故によるもののほか、盗難、火災、台風、洪水、高潮にあったときでも保険金が支払われます。
保険金額は、契約するクルマの年式や種類によって決まります。
また、車両保険のカバー範囲には種類があり、車両保険の補償範囲は自分で選択することができます。カバー範囲や免責の設定を変えることによって、保険料が大きく変わってきますので、契約前にはその中味を理解し、しっかりと検討することをおすすめします。

車両保険の補償範囲

  自損事故 当て逃げ 火災・爆発 落書き 盗難 台風・洪水・高潮 他車との衝突・追突・接触
一般車両保険
エコノミー+A特約車両保険 × ×
エコノミー車両保険 × × × × × ×

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、保険を契約したクルマに搭乗中の人が、死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。搭乗者保険はドライバー本人にも支払われます。
また、一台の自動車に乗っていた人に対しそれが誰であろうと、何人でいようと支払われる任意保険です。一種の傷害保険ですから、どちらに過失があろうと関係なく支払ってくれます。
ただ、どんな乗り方をしていてもOKというわけではありませんのでご注意下さい。(ちなみに、ラックの荷台への乗車やハコ乗りでの事故では支払われません。)

搭乗者への支払い内容は次の通りです。

  • 死亡保険金
  • シートベルト装着者特別保険金
  • 後遺障害保険金
  • 重度後遺障害保険金
  • 医療保険金
  • 医療保険金特約

自損事故保険

契約者の保有者・運転者・搭乗者がその自動車の事故によって、死亡、後遺障害または障害を被ったことによって生じた損害で、自賠法に基づき損害賠償請求権が発生しないときに支払われる任意保険です。自損事故や100対0の事故で効力を発揮します。
自損事故の場合、同乗者についてはそのクルマについている自賠責保険が支払われますが、運転者本人の死亡や傷害については、自賠責保険からは1円も支払われません。

無保険者傷害保険

任意保険未加入車との事故に備える保険です。契約者の搭乗者、記名被保険者、その配偶者および同居の親族等がほかの車にぶつけられて損害を受けた場合に、ほかの車が対人賠償保険等をつけなかったりして、十分な損害賠償を受けられれないときに、保険金が支払われるもので、自己防衛的につける任意保険です。
実は、任意の対人賠償保険への加入率は、公道を走るクルマ全体の約7割、任意の自動車共済を含めても約85%にすぎません。こういった無保険車と事故を起こした場合に備える保険です。

ちなみに、この保険の支払い対象となる無保険車とは、

  • 任意の対人保険がついてないクルマ
  • 対人保険はついているが、運転者の故意や泥棒運転、年齢条件や家族限定特約の条件に違反しているなどの理由で保険がおりない場合
  • 対人保険はついているが、その保険金額が被害者の損害額を下回る場合
  • ひき逃げなどで加害者が特定できない場合

人身傷害補償保険

自由化以降、一般的になった新商品が人身傷害補償保険で過失割合に関係なく契約者の損害を補償する保険です。
1998年から保険会社各社によって販売されており、完全補償タイプといった名称で、この保険をセットして販売するようになっています。

【check!】以上は自動車保険の簡単な概要です。特約などの内容は自動車保険各社によって特徴が異なります。自動車保険比較サイトなどを利用してしっかり比較してください。
check

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA