焼酎の飲み方

焼酎グラス

焼酎についていろいろ調べていて焼酎のおいしい飲み方って…。
焼酎は、ロックかお湯割り、水割りのイメージしかないのですが、水割りにしても水の種類や水を入れる量、タイミングによってかなり味が変わります。
焼酎のいろいろな飲み方を試してみるのもいいかも…。

おいしい焼酎の飲み方

  • 前割り焼酎
  • 前日に焼酎を割水し焼酎と水をなじませる。まろやかでソフトな飲み口が特徴。

  • ロック
  • まずグラスに氷を入れ、それからゆっくり焼酎を注ぐ。焼酎本来の味わいをそのまま楽しめます。

  • お湯割り
  • お湯割りは、まずお湯を入れてから焼酎をゆっくり注いでください。お湯が熱すぎると香りがきつくなるので注意が必要です。

  • 水割り
  • 焼酎6:水4が一般的。7:3、5:5などお好みで調節して下さい。お湯割りより少し濃いめでもコクと香りを軽やかに味わえます。前割り焼酎に氷を浮かべるのもお勧めです。

  • お燗
  • 酒器の中に水と焼酎を入れ人肌程度に温めます。前割り焼酎を使うとまろやかな味になると言われています。

焼酎と料理

焼酎と相性のよい料理、焼酎と料理をおいしくいただくための料理の選び方。

  • 新鮮な魚や植物性の良質たんぱく質を取る
  • ナトリウムを取りすぎないように塩辛いものは控える
  • マグネシウムや亜鉛などのミネラルの補給に役立つものをとる
  • ビタミン(特にB1、C)を含むものをとる
  • 食物繊維の多いものをとる
  • 活性酸素を取り除くポリフェノールを含むものをとる

マグネシウム:昆布、豆類、まぐろ、豆腐
亜鉛:牡蠣、ごま、大豆、かつおぶし、ひじき、にんにく
ビタミンB1:ごま、大豆、牛肉、豆腐、緑黄色野菜
ビタミンC:ゆず、ししとう、いちご、カリフラワー、キャベツ、トマト
食物繊維:ひじき、干し椎茸、干し大根
ポリフェノール含有食:醤油、みそ、豆腐、納豆などの大豆製品、ごま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA